パートナーが積極的な避妊に協力をしてくれず不安を抱えている人もいることでしょう。
ピルを使えば安心ですが、そのような理由を医師に話す気もなれず悶々とした悩みをかかえている人も多いのではないでしょうか。
一番はパートナーの理解を得ることがすが、自分の身は自分で守るもの。望まない妊娠をしてからでは遅いのです。

こんな理由にもピルは使える!
人によっては生理の不順で悩んでいる人もいます。
仕事からくる不摂生な生活や、もともとホルモンバランスが乱れやすい人もいます。
生理がきちんと来ないと、後々妊娠がきちんとできるのかどうか不安です。
その為生理の周期を整えるという理由でピルを飲んでいる人もいるのです。
例えばピルを飲んでいることを周囲に言わなくてはならない場合も上記の理由をあげれば恥ずかしいものではありません。
また、子宮内膜症に悩んでいる人も多く毎月の痛みは日常生活に支障をきたすレベルだといいます。
そういった病気の治療にもピルは役立っているのです。

妊娠しやすい体をつくる!
今はピルを飲んでいたとしてもいずれは妊娠を考えている人も多くいることでしょう。
低用量ピルは、服用をやめればすぐに妊娠することができ、また特にやめた直後は妊娠しやすいといった報告もあります。
病気の治療もできて、子供が欲しいときには妊娠しやすい状態にできるとは一石二鳥といった理由から利用する人も増えています。

昔はホルモンの量が多く太りやすかったり病気を引き起こすなどといった副作用が多く報告されたことから今の低用量のものが一般的となりました。
それからは副作用に悩まされることなく生理周期を整えたり健康的な生活を送れるようになった人が増えているのです。
正しい知識を身に着け快適な生活をめざしましょう。