避妊をしている、というのは恥ずかしいことではありません。
ピルを服用しているというと、少し勘違いや偏見を持たれることもありあまり口外しないものでした。

しかしながら誤った避妊によりのぞまない妊娠をしてしまうことを考え天秤にかけたらどうでしょうか。
ピルは女性の最大の防御策となり得るのです。

欧米文化の到来
今まで日本においては性生活というのは恥ずべくしてあまり人に話すことではなかったかもしれません。
しかしながらそういった風習が皮肉にも妊娠への理解や知識不足へと結びつき、若者の望まない妊娠ひいては中絶を増加させていたといっても過言ではないでしょう。

また、女性が男性のいいなりになりコンドームなど避妊具の着用を強く求められない、といったことも間違っています。
女性は自分の体を守り望まれない子供を授かるといったことがないように、常に強くなくてはならないのです。
日本においてはあまり一般的でなかった低用量ピルの服用ですが、欧米文化が日本において取り入れられるようになって徐々に浸透してきました。

映画などでモーニングアフターピルといったものの知識を得たりして、そういったものに対し興味を持つ機会が増えたことも望ましいことです。
アンダーヘアのケアなどにおいても日本人は消極的でしたが、アメリカの人気ドラマなどの影響でそういったことに興味を持つ日本の女性も増えてきました。
性へのオープンな考えが広まりつつある一方で、自己防衛の観念が高まってきたのは自然なことなのかもしれません。

日本人の体質にあわせて
欧米でポピュラーになったピルですが、日本人の体にもっとも合うとして言われているのがトリキュラーです。
欧米人とは体質が異なるため当然ながら同じものを摂取しても体に合わないということがあり得ます。

トリキュラーは数ある低用量ピルの中でも副作用が少なく日本人の体に合いやすいという報告があるのです。
また、飲み忘れを防ぐ偽薬が含まれているのも魅力の一つです。
「毎日飲む」を習慣つけ、飲み忘れをなくすというものですが、そのうち服用が必要ない期間のものに関しては砂糖のかたまりになっているというわけです。

自分の体にあったもので無理なく、摂取していくのが長くピルと付き合っていく上で重要です。